トップ > お精霊さんとは

お精霊さんとは、宗派を問わず、お盆のご先祖さんをお迎えし、お送りする妙心寺の伝統行事です。


お精霊迎えとは、毎年8月9日と10日に妙心寺で開かれる法要のことです。お盆になるとご先祖様が私たちのところに帰ってこられるので、そのご先祖様をお迎えするのがこのお精霊迎えです。9日、10日は両日共に朝6時から夜9時まで行なわれます。この間であればいつ来ていただいてもかまいませんが、日中はとても暑いので、午前中もしくは夕方以降がオススメです。
当日は、迎え鐘と言って、年に一度お精霊迎えのときだけ撞いていただける鐘を鳴らして、ご先祖様が間違ったところに帰られないように合図します。狩野探幽(かのうたんゆう)筆の立派な龍の天井画がある法堂(はっとう)の前では、和尚さんがご先祖様やなくなられた大切な方のお塔婆を書いてくださいます。お堂の中で、御勤めをしていただき、ご先祖様をお迎えになってください。
今ある自分を思い、ご先祖様に感謝する。年に一度のお盆には、みなさまも是非そういった機会を作っていただければと思います。



お盆が終わる8月16日の午前中には、お精霊送りという法要が行なわれます。お盆が終わって、ご先祖様が帰っていかれるときにお見送りをするのがこの法要です。

お精霊送りの際も決まったお参りの仕方はありませんが、標準的には、まず法堂にお越しいただいて、テントで和尚さんに塔婆を書いていただきます。そして、法堂の中の和尚さんに手渡し、読み上げていただいてご供養いたします。お帰りの際は、迎え鐘と同じ鐘楼で送り鐘を3回撞いていただいて、お帰りいただきます。

また、昼過ぎには一斉にお焚き上げをいたします。古くなったお札やご不要になった仏具等をご持参いただければ、お寺でまとめてお焚き上げをいたします。また、お盆中にご自宅でおかざりをされた御供物もご持参いただければ、お預かりいたします。法堂入り口脇までお持ち下さい。