御室お花まつり

 
9時 妙心寺大庫裏にて受付
12時終了予定
参加費:300円(記念品代として)
対象:小学校6年生以下のお子様 
 
※雨天時はパレードのみ中止し、コンサートは仁和寺内御室会館にて行います。
※当日雨天の場合、午前8時までに当HP並びにTwitterにて
開催の有無等お知らせさせていただきます。

甘茶かけ 

 
花御堂におられるお釈迦様に甘茶をかけましょう。 
 
 
お釈迦様がお生まれになったのは今から2500年前。場所は現在のネパールにあたるルンビニーの花園というところです。お釈迦様の誕生日を「花まつり」と呼ばれるのはそのためで、甘茶をかける花御堂はルンビニーの花園を模して造られています。
伝説では、お生まれになってすぐに七歩進み、右手で天を、左手で地を指差し「天上天下唯我独尊(てんじょうてんげゆいがどくそん)」と言葉を発されたと言われています。この言葉は「人は誰もが、かけがえのない命を生きている」という、仏教のもつ精神をあらわしています。

またこの時に、お釈迦さまの誕生を祝って9頭の龍が甘露の雨を降らせたとも伝えられています。お釈迦様に甘茶をかけるのは、この甘露の雨に由来しています。

パレード 

花まつり用の衣装に身を包み、近隣学校のブラスバンド部と一緒に妙心寺から仁和寺まで子供たちがパレードします。
 


釈迦族のシュッドーダナ王の妃マーヤ王妃は、ある日、夢の中で天から白い象が飲み込む夢を見て身ごもりました。そしてルンビニーの花園で沙羅の花を取ろうと手を伸ばした瞬間、右わき腹からお釈迦様が生まれたそうです。花まつりの行列に白い象が加わってるのはそのためなのですね。

献花

お釈迦様にお花を供え、静かに手を合わせましょう。
 

 

コンサート

 御法話をお聞きした後、御室仁和寺境内で近隣学校の吹奏楽部による生演奏が行われます。

 

 

 

申し込み

こちらのQRコードを読み込んでお申込みください。
 
またはMAIL: info@kairou.org宛てにお名前、性別、学校名、学年、連絡先を添えてお申し込みください。
 
※ 受付は終了しました